新潟県発達障がい者支援センター「RISE(ライズ)」〜広汎性発達障がい、学習障がい、注意欠陥多動性障がい〜

ライズホーム
トップページはまぐみ小児療育センター概要交通案内サイトマップ
発達障がいについて
ライズについてへリンク
講演・研修会のご案内へリンク
地域情報へリンク
資料室へリンク
リンク集へリンク
相談申し込み・お問い合わせへリンク
トップページ > 発達障がいについて
発達障がいについて
「発達障がい」とは保護者のみなさまへ用語解説

「発達障がい」とは

生まれながらの脳の機能障がいと言われています。
3歳頃までには概ね症状が現れることから、「最近、自閉症になった」ということはありません。発達の一定の時期に生じるため、「発達障がい」の一つとされます。
発達障害者支援法によると自閉症、アスペルガー症候群などの広汎性発達障がい、学習障がい、注意欠陥多動性障がいなどです。
コミュニケーションがうまくとれない、相手の気持ちがわからない、落ち着きがない、独特の行動パターンを持つ、社会のルールがわからないなどの行動があり、社会・学校・家庭で「生きづらさ」を持っています。
こういった症状が、「親のしつけがなっていない」「本人が怠けている」などと誤解されています。
診断名は同じでも細かい症状は異なります。また、年齢によって大きく変わるとされます。一人ひとりの得意な部分、苦手な部分として、正しく理解し協力していくことが何より大切です。

保護者のみなさまへ

─発達障がいの児童を適切に援助するために─
当たり前のことですが、こどもは全員が同じタイプではありません。このことに最近大人側が気づいてきました。

集団に入れれば全ての子どもがうまく発達すると大筋では信じられてきたふしがありますが、集団に入れるにあたって配慮が必要なお子さんがいることもわかってきました。みんなが同じではないのです。
今回はその同じではないと言われるお子さん方の代表タイプについて、お知らせすることにします。またどんな援助を求めているかも簡単に触れたいと思います。皆さんのお子さんの子育て上で参考になれば幸いです。
1
ADHDタイプのお子さん
2
自閉症(スペクトラム)タイプ
3
知的障がい
4
学習障がい
「発達障がい」とは保護者のみなさまへ用語解説
 
個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について

新潟県発達障がい者支援センター「RISE(ライズ)」〜広汎性発達障がい、学習障がい、注意欠陥多動性障がい〜